#

毛嚢炎と対処法

毛嚢炎のイメージ図

毛嚢(もうのう)もしくは毛包と呼ばれる毛の根本を包んでいる部分が、毛穴の部分が、腫れたり化膿したりして赤く腫れ、ニキビのような状態になることです。中央の膿をもった部分が根を張るように硬くなってくると、軽く痛みを感じる場合があります。

毛嚢炎の原因

医療脱毛でも処理しきれていない毛が残っていたり、施術後の毛穴や皮膚の状態が不潔になり、そこに黄色ブドウ球菌が侵入することで引き起こされます。カミソリ負けをした場合に出来るブツブツも毛嚢炎の一種です。

毛嚢炎の対処法

毛嚢炎の数が少なければ気にすることはなく、自然にしておけば治ってしまいます。ただ、後々シミや跡が起こってしまう可能性もあるので、早急に治しておきたい場合には皮膚科医に相談すると良いでしょう。抗炎症薬もしくは抗生物質を投与すれば治るので、そこまで深く心配する必要はありません。

脱毛後のケア

  • 肌の赤みと対処法
  • 色素沈着と対処法
  • ムダ毛の再生と対処法
  • 埋没毛と対処法
  • 毛嚢炎と対処法

医療脱毛の種類

  • 針脱毛の特徴
  • レーザー脱毛の特徴
  • 光脱毛の特徴

医療脱毛とは

レーザー脱毛とは

クリニックで脱毛
脱毛後のケア
無料メール相談