#

ムダ毛の再生と対処法

ムダ毛再生のイメージ図

本来、ムダ毛が再生することがないように行うのが医療脱毛ですが、場合によっては施術した箇所からムダ毛が再生してきてしまうことがあります。
脱毛効果がきちんと得られていれば起こらない現象であり、どんな脱毛方法を選択したかで再生率も変わってきます。また、脱毛後のお手入れ次第ではムダ毛の再生率が変わってくるので、アフターケアをお怠らないことが重要です。

ムダ毛再生の原因

ムダ毛が再生してしまう主な原因は、当然ながら脱毛の施術が不完全だったことによります。針脱毛の場合は毛穴に針を刺して電流を流すため、ムダ毛はあまり再生しません。ごく稀に、絶縁針の状態が不良で、ムダ毛が再生してしまうことがあります。レーザー脱毛は高い出力がありますが、皮膚の黒ずみやホクロの黒色素に吸収されて効果が弱くなり、再生を招くことがあります。また、産毛には黒色素が少ないため、最初から反応せず、未処理になってしまうこともあります。光脱毛にも同様のことがいえますが、低出力が根本原因になっているケースも多く見られます。

ムダ毛再生の対処法

ムダ毛の再生を抑えるには、抑毛ローションや抑毛ジェルを使用が効果的です。抑毛ローションと聞くと、豆乳を思い浮かべる方も多いことでしょう。なぜ抑毛ローションに豆乳が使用されているかというと、体毛の再生と抑制に性ホルモンがっ関係しているからです。男性ホルモンの働きが活発である人ほどムダ毛はすぐに再生してしまいます。その働きを抑えてくれる効果があるのが、女性ホルモンであるエストロゲンであり、エストロゲンと分子構造が良く似ている豆乳イソフラボンにも同じ効果が期待できます。イソフラボンを多量に含んだローションを、しっかりと毛穴に塗り込むことが、ムダ毛の再生を抑える秘訣です。

脱毛後のケア

  • 肌の赤みと対処法
  • 色素沈着と対処法
  • ムダ毛の再生と対処法
  • 埋没毛と対処法
  • 毛嚢炎と対処法

医療脱毛の種類

  • 針脱毛の特徴
  • レーザー脱毛の特徴
  • 光脱毛の特徴

医療脱毛とは

レーザー脱毛とは

クリニックで脱毛
脱毛後のケア
無料メール相談