#

光脱毛の特徴

光脱毛の施術イメージ

光脱毛は1998年頃に日本に紹介され2000年頃にエステサロンを中心に広く普及しました。
エステサロンなどでIPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛などと言われる方法は、名称こそ違えどすべて光脱毛です。医療機関で主流のレーザー脱毛に比べて照射時の出力は弱まりますが、広範囲を照射することが出来ると言われています。毛根の奥深くにピンポイントでフラッシュと熱が届くので脱毛効果が得られると言われていますが、エステサロンや家庭用脱毛機器などで使用できる光脱毛機器には出力に上限があるため、施術完了まで長い期間が必要になります。

光脱毛の効果

もともとはシミ・ソバカスの除去の為に開発されたカメラのストロボと同じキセノンランプによる光の作用を応用した脱毛法です。強い白色光の発光をオン・オフで自在に切り替えて断続的に発光させたり、光の波長を自由に調節できるので、ダメージを小さく抑えることができます。レーザー脱毛でも痛みを感じる敏感肌の人でも安心といわれるのはこのためです。また、医療機関では脱毛よりもフォトフェイシャル(素肌再生)などに使用されることが多いため、美白効果もあります。毛穴を引き締め、古い角質に作用するので、シミ・ソバカスがなって肌が再生されます。 照射時の光が本当に奥まで届くのか、脱毛の効果が得られるかどうかについては意見が分かれるところです。

光脱毛の肌トラブル

照射出力が弱いのでレーザー脱毛、針脱毛に比べてさらに肌トラブルが少ないと言われていますが、それでも肌の赤みが現れることがあります。場合によっては低温ヤケドに似た症状にまで至るケースもあります。さらに、エステサロンなどでの施術は医師ではないため、アフターケアとして対応できる内容にも限りがあるので注意が必要です。また、出力が低いために長期間の施術が必要であり、全て完了しないうちに過去施術した箇所から産毛が生えてくることもあり、脱毛効果はレーザーに比べて小さいことが指摘されています。

脱毛コラム

医療脱毛の種類

  • 針脱毛の特徴
  • レーザー脱毛の特徴
  • 光脱毛の特徴

医療脱毛とは

レーザー脱毛とは

クリニックで脱毛
脱毛後のケア
無料メール相談