#

レーザー脱毛の特徴

レーザー脱毛の施術イメージ

1996年にアメリカで開発されたレーザー脱毛は、それまで主流だった針脱毛とはまったく異なる特徴を持った脱毛方法です。レーザーの力でムダ毛の毛根部分を破壊することにより、毛を抜き取ると同時に、その後の体毛の再生を抑えることができます。また針脱毛を行う患者のデメリットだった「痛い」「時間がかかる」、また病院側のデメリットでもあった「施術が面倒」といったマイナス点を一気に払拭した画期的な脱毛法です。

レーザー脱毛の効果

レーザー脱毛はレーザー光線をムダ毛の毛根に照射して、レーザーの熱で毛母細胞を破壊し、ムダ毛を生えなくさせます。広範囲に照射するレーザー脱毛は、一度に複数のムダ毛に対して作用することが出来るため、ムダ毛1本1本を処理する針脱毛よりも完了までのスピードが格段に違います。また、針を刺す必要がないため痛みも比較的少なくて済み、なおかつ高い効果も得られるため、脱毛界に革命的な変化をもたらしました。また、医療用レーザーにはシミやアザ、黒ずみを消す効果もあるので、レーザーの種類や機器によっては脱毛と同時に美白効果を得ることも可能です。

レーザー脱毛の肌トラブル

レーザー脱毛は、針脱毛で肌トラブルを起こしやすい人でも安心して使用できるほど、肌へのトラブルは少ないと言われています。ですが、医療用のレーザー脱毛機器は医師資格を有する人間でないと使用できないほど出力が高いので、効果もしかり得られる反面、皮膚の赤みや腫れが起こりやすいと言われています。しかし、これは針脱毛に比べれば軽度である場合がほとんどで、2~3日か長くて一週間以内で自然に消えます。赤みかゆみが引かない場合は塗り薬などを使うか、それでも治まらない場合は速やかに皮膚科医に相談しましょう。

その他、レーザー脱毛・光脱毛による肌トラブルでお困りの方は、脱毛相談ダイヤルをぜひご利用ください。専門の女性カウンセラーが脱毛のお悩みに丁寧にお答えし、解決策の提案や肌治療も可能なレーザー脱毛クリニックをお探しいたします。

脱毛コラム

医療脱毛の種類

  • 針脱毛の特徴
  • レーザー脱毛の特徴
  • 光脱毛の特徴

医療脱毛とは

レーザー脱毛とは

クリニックで脱毛
脱毛後のケア
無料メール相談