#

エステで無資格レーザー脱毛

2013年3月1日

医師の資格を持たない従業員がレーザー脱毛を行う医療行為を被害を受け、山形県内の20~40代の男女20人が、エステサロン(破産手続き中)の役員や従業員らを相手取り、計約1840万円の損害賠償と、クレジットカード会社に約93万円の債務不存在確認を求めて山形地裁に提訴しました。

医師でもない従業員に施術されヤケドのように

訴状には、医師の資格を持たない従業員から医療レーザー脱毛などを施術され、シミや脱毛の跡がついたり、ヤケドのようになったりしたために精神的苦痛を受けたとあります。損害賠償請求額は慰謝料1000万円にくわえ脱毛代金約680万円。クレジットカード会社のうち1社は「訴状が届いていないのでコメントは差し控えたい」と回答しています。

被害対策弁護団の高橋団長は、「他にも相当数の被害者がいる」と見て、追加提訴する予定とのことです。 
※画像はイメージです
(毎日新聞 3月1日朝刊 )

関連記事

  • 光脱毛のエステ店で経営者逮捕
    2012年5月、大阪のエステ店で医師免許をもたない従業員に特殊な光を当てて脱毛をする施術を行わせたとして、医師法違反の疑いでエステ店を経営する医師お...
  • 医師免許持たずにレーザー脱毛
    2010年10月13日、広島県警生活環境課は、医師免許を持たずに医療行為にあたるレーザーでの脱毛をさせたとして、法違反容疑で、広島県福山市の美容外科...
  • 医師法に違反する脱毛行為でエステ経営者逮捕
    医師免許を持たずに医療行為に該当する脱毛治療を施術したとして、大阪府警によりエステサロン経営者が逮捕されました。無資格でレーザー脱毛機による医療行為...

医療脱毛の種類

  • 針脱毛の特徴
  • レーザー脱毛の特徴
  • 光脱毛の特徴

医療脱毛とは

レーザー脱毛とは

クリニックで脱毛
脱毛後のケア
無料メール相談