#

脱毛口コミの見分け方

頬に手を当て考え込む女性

ネットに溢れる口コミやおすすめコメントは、とても参考になる貴重な情報ですが、購買の決定を左右する要素であり得るだけに、やらせや宣伝にも利用されがちです。真実かウソか疑いだすとキリがありません。有効な情報になり得るかどうか、見極めるポイントを押さえ、参考程度にとどめることが大切です。

口コミの表現に客観性があるかどうか

口コミを投稿した人の率直な感想は大事ですが、その投稿者の感覚に大きく左右される表現には注意が必要です。たとえば「最高に良かった」の「最高に」は、その投稿者にとっての「最高」であり、受け取る人が感じるレベルの「最高」と同程度とは限りません。こう書くと当たり前に聞こえますが、口コミを読んでいるときは内容を理解しようとする気持ちが共感に向けられがちな状態なので意識しておく必要があるでしょう。 また、「それまでとは見違えるように」などの比較表現も、「それまで」について具体的に記載がなければ、どんな程度の比較対象なのか分かりません。記載があったとしても感覚値である場合は注意が必要です。

口コミを疑うことが出来る情報も含めているか

これも疑えばきりがないですが、投稿者が言っている内容を良い方にも悪い方にも捉えることができる自由度を残しているかどうかがポイントです。たとえば「無料で試してみたらとても良かった」などは、ハッキリと「無料で試した」と書いてあるので、疑う余地が残されています。「無料」だから良かったと言っているのかもしれないな、と判断させないように、不都合な情報を隠してしまうような口コミは鵜呑みにしないのが一番です。

口コミの後のリンクと掲載サイト

細かいディティールなどを巧妙に入れこんだ口コミにはリアリティがあり、なかなか本当なのかやらせなのか判断がつきにくくなってきます。投稿された口コミの中身で判断が出来ない場合は、掲載サイトをよく調べてみると判断のヒントが見つかることがあります。口コミの掲載とともに購買のためのボタンがあったり、特定の企業や団体にのみアクセスが流れるようになっていたり、設置されたランキングの上位だけが見事に関係するお店だったりする場合には、当然ですが信ぴょう性は高いとは言えません。

脱毛コラム

医療脱毛の種類

  • 針脱毛の特徴
  • レーザー脱毛の特徴
  • 光脱毛の特徴

医療脱毛とは

レーザー脱毛とは

クリニックで脱毛
脱毛後のケア
無料メール相談