#

レーザー脱毛の効果を光脱毛と比較

現在、主流となってきている脱毛の施術法が、レーザー脱毛と光脱毛(IPL脱毛・フラッシュ脱毛・フラッシュライト脱毛)です。いずれもよく聞く脱毛法ですが「何が違うのか分からない」と思っている人も多いかと思います。レーザー脱毛と光脱毛は、本当にどちらもあまり変わらないものなのでしょうか?脱毛効果や施術の回数、施術時の痛みなどについて比較してみたいと思います。

  1. レーザー脱毛と光脱毛の脱毛効果の違い
  2. レーザー脱毛と光脱毛の施術回数の違い
  3. レーザー脱毛と光脱毛の施術時に感じる痛みの違い

レーザー脱毛と光脱毛の脱毛効果の違い

レーザー脱毛と光脱毛は、どちらも皮膚の黒い色素(メラニン色素)のみに反応するレーザー光を照射する脱毛法です。ムダ毛の毛根部分にダメージを与えることにより、ムダ毛が再生する機能をストップさせることで、脱毛に効果を発揮します。使われるレーザー光は黒い色素だけに反応するため、肌へのダメージはほとんどありません。このように、脱毛の仕組みはどちらも変わりません。レーザー出力の違いが脱毛効果に大きく影響するのです。

レーザー脱毛に使われる脱毛器は、出力の強い医療用の機器が使われます。誤った使い方をしてしまうとやけどなどの危険性があるため、免許を持った医師(医療機関)のみに使用が限定されています。医療機関のレーザー脱毛は強いレーザーで施術を行うので、毛根部分の細胞を破壊することができます。このため毛根は毛を生産する力を失います。

光脱毛に使われる脱毛器は、出力の弱い機器が使われます。医師免許を持たない人でも施術することができるため、エステサロンなどで使用されています。サロンで行われる光脱毛は、出力量が弱いため、毛根へのダメージも医療レーザーに比べるとソフトなものになります。光脱毛では、毛根の細胞を破壊することができないため、短期間の間にまた毛が生えてきてしまうことがあるのです。代表的なエステサロンの脱毛方法と、脱毛に使用されている機器を紹介します。

エステサロン・TBCの光脱毛
TBCライト脱毛(美容ライト脱毛)
エステサロンのTBCが行う光脱毛には、独自開発のオリジナル光脱毛器が使用されています。オリジナルとはいえ一般的な光脱毛と方法は同じです。黒色に反応する波長の光を脱毛箇所に当て、毛を作る組織に反応させ処理する脱毛方法です。メリットは短時間で広範囲が処理できること。デメリットは脱毛効果が一時的なもののため、継続的な通院が必要なこと、肌が黒っぽい人は脱毛できない場合があること、細い毛や産毛には光が反応しない可能性があることです。
TBCの脱毛 / epi | エステティックTBC
エステサロン・ミュゼの光脱毛
S.S.C.方式(スムース・スキン・コントロール方式)
エステサロン・ミュゼが行う光脱毛は、スムーススキンコントロールメソッド(S.S.C.方式)と呼ばれています。スムーススキンコントロールメソッドによる脱毛は、厳密には毛を抜くのではなく制毛(オフヘア)という施術法です。毛根にダメージを与えるのではなく、専用ジェルと弱いレーザー光を照射して毛を細く生えにくくします。毛を抜くのではなく、毛を薄くしていくというイメージが最も近いでしょう。S.S.C.方式のメリットは値段が安く痛みも少ないこと、ジェルによる美肌効果が得られること。デメリットは毛が抜け落ちるまで待たないといけないことや、脱毛力が低いので継続的な脱毛が必要になることです。
ミュゼの脱毛方法 | 美容脱毛サロン ミュゼプラチナム

レーザー脱毛と光脱毛を脱毛の効果で選ぶなら、半永久的にムダ毛の再生を抑える、医療レーザー脱毛がおすすめです。

レーザー脱毛と光脱毛の脱毛効果の違いを一言で言うと?

  • 高い出力のレーザー光で脱毛を行う医療レーザー脱毛は、価格は割高になるが脱毛効果も高い。
  • 低い出力のレーザー光で脱毛を行うエステ脱毛は、価格は割安になるが脱毛効果が低い。

レーザー脱毛と光脱毛の施術回数の違い

レーザー脱毛と光脱毛では、脱毛効果に加えて施術回数にも違いがあります。1回の施術でツルツルに脱毛することは、レーザー脱毛と光脱毛のどちらも不可能です。より少ない施術回数で高い脱毛効果を得られるのは、レーザー脱毛と光脱毛のどちらなのでしょうか?

レーザー脱毛は毛の成長期(発育期)に合わせて施術を行います。部位によって周期が違う毛周期を医師が見極め、脱毛スケジュールを組みます。そして高出力のレーザーで施術を行うことにより、短い期間で脱毛効果を実感することができるのです。レーザー脱毛の施術は2か月から3か月に1度のペースで行います。通院回数は5回から6回ほどで完了するケースがほとんどです。3回目ぐらいの施術以降は、ムダ毛があまり目立たなくなってきます。

光脱毛も毛周期に合わせて施術を行います。個人差もありますが、最初は2か月から3か月に1度の頻度で施術を受けます。ムダ毛が薄くなってきた頃から、エステサロンに通う間隔が3か月から4か月に1度となります。これを約2年ほど繰り返し、来店回数なら11回から15回ほどで施術が完了します。施術が完了した後でも、毛根が生き残っていればムダ毛が生えてきます。また産毛のような細い毛が再生することもあります。このためエステサロンによっては、施術完了後にムダ毛が再生した場合、割引料金で追加の施術を行うところもあります。

このように、施術回数が少なく、短期間で高い脱毛効果を期待できるのは医療レーザー脱毛と言えるでしょう。

レーザー脱毛と光脱毛の施術回数の違いを一言で言うと?

  • 高出力のレーザー光で毛根を破壊する医療レーザー脱毛は、半年から1年ほど通院して、5回から6回の施術で脱毛が完了する。
  • 低出力のレーザー光で毛根が残るエステ脱毛は、2年から3年ほど来店して、11回から15回の施術で脱毛が完了する。

レーザー脱毛と光脱毛の施術時に感じる痛みの違い

レーザー光によって毛根にダメージを与える医療レーザー脱毛と光脱毛は、照射した際に痛みが発生します。痛みの感じ方は個人差があるうえに、脱毛を行う部位によっても変わります。出力に差はありますが、どちらのレーザー光も黒い色素に反応することから、毛が太くて濃い部位の方が、より強く痛みを感じる傾向にあります。

光脱毛よりもレーザー脱毛の方が、レーザー光の出力が強いため、痛みが強いと感じます。施術時の痛みに対して、クリニックによっては麻酔を使用します。肌に塗るクリームタイプの局所麻酔や、鼻につけたマスクからガスを吸入する笑気麻酔(リラックス麻酔)などで、施術時の痛みを和らげます。

近年では医療レーザー脱毛器のなかでも、ダイオードレーザーを使用したソプラノ(Alma Lasers社)やメディオスターNeXT(Asclepion社)など、痛みの少ないレーザー脱毛器も開発されています。どのクリニックがどのレーザー脱毛器を使用しているのか、痛みの少ない機種を導入しているクリニックを探すのもひとつの方法です。

エステサロンで行う光脱毛の痛みは「ピリッ」とする程度と言われています。それでも痛みに弱い人や、施術をする部位によっては、若干の我慢は必要かもしれません。エステサロンで行う痛みの対処法は、脱毛部位をひたすら冷やす程度に留まります。仮に我慢できない強い痛みを感じたとしても、医療機関ではないため麻酔を使うことはできません。

麻酔を使うほどの痛みが怖い人は、光脱毛の方が良いかもしれませんが、光脱毛も無痛ではありません。痛みを軽減する対処法を複数持ち合わせている医療機関での脱毛の方が、安心して施術を受けることができるのではないでしょうか。

レーザー脱毛と光脱毛の痛みの違いを一言で言うと?

  • 高出力の医療レーザー脱毛は、輪ゴムでパチンと弾かれる程度の痛み。痛みの強い部位には局所麻酔も利用できる。
  • 低出力のエステ脱毛は、一瞬軽い痛みを感じる程度。痛む箇所は冷やして対処する。

レーザー脱毛と光脱毛を、効果や施術回数、痛みについて比較しましたが、いかがだったでしょうか?施術に使用するレーザー脱毛器の違いが、効果や痛みに影響してきます。費用面で差はあるものの、確実な脱毛効果が期待できるのは医療レーザー脱毛であると言えます。期待する脱毛効果によって施術方法を選ぶようにしましょう。

医療脱毛とは

レーザー脱毛とは

クリニックで脱毛